原因は乾燥。気づいたときにはニキビ跡…

MENU

原因は乾燥。気づいたときにはニキビ跡…

青春ニキビ11
中学生の頃から少しずつニキビが出来始め、常に頬が赤みがかっていました。チーク塗ってるみたいだね、と友達に何気なく言われることもありましたが、それがとても苦痛でした。汗をかきやすい体質ということもあり、皮脂よごれからくるものかな、と思っていました。そこで試したのが洗顔を変えること。当時はまだ中学生でお金もなかったので、ドラッグストアで簡単に手に入るビオレの洗顔やクレアラシルなど「ニキビ予防」を謳っているお手頃な商品を試していました。しかしなかなか治らず、これは合わなかった…と最後まで使い切らずに捨ててしまうこともありました。

 

ビフナイトのような、夜に塗ったら朝には治っている…という薬も試しましたが、そんなに簡単に治るものではありまけんでした。ニキビに悩みながらも、出来ては潰れ、跡になり…という日々の繰り返しでした。ニキビが出来やすい体質で一番凹んだのが、大事な日に限って鼻の頭やてっぺんにニキビができていたことです。なんでこのタイミングで、ここにできるかなー…ということが本当によくありました。中学高校時代の写真を見返すと、ほっぺが真っ赤で汚いお肌だなと嫌な気持ちになります。
青春ニキビ12
そして高校時代にプロアクティブに出会いました。CMを一目見て「もうこれしかない!」と思い母に頼んで早速購入してみました。購入して1回目を使い切るかな、という頃はまだ何も変化はありませんでした。しかし2回目の購入後に少しずつ肌に変化が現れたのです。しかも悪い意味で。目の周りが真っ赤になり、頬やおでこがとても痒くなってきてしまったのです。原因も分からなかったので即皮膚科に。診察の結果、乾燥肌なのに皮脂をがっつりと取り除くプロアクティブの洗顔を使用したことで、乾燥が進んでしまったとのことでした。ニキビの原因は皮脂よごれだけではなく、乾燥からくる人もいるということをその時初めて知りました。
青春ニキビ10
それ以降は保湿がしっかりできるタイプの化粧水や、美容液、乳液を使用するようにし、永年悩んできたニキビとさよならすることができました。もっと早く乾燥肌だということに気づいていたら、こんなにニキビ跡に悩まなくてよかったのかな。と思うと後悔の気持ちでいっぱいです。